債務整理、過払い金、相続、遺言、生前贈与、抵当権抹消、会社設立、成年後見、建物明渡、債権回収、建設業許可、宅建免許等、気軽にご相談ください。

土日祝相談可(要予約)
048-949-2855
E-mail
info@office-tominaga.com
URL
http://www.tominaga-office.jp/

住宅ローンでお困りの方へ

住宅ローンの支払いが困難となり、そのまま滞納を続けると債権者が抵当権に基づき不動産を差押えて不動産競売の申立てを行うというのが通常の流れとなります。この競売手続きが行なわれる前に債務者と債権者との間に不動産会社などの仲介者が入り、不動産所有者と債権者の合意のもと出来る限り双方が納得する価格を設定して不動産を市場で売却することを任意売却といいます。

競売が所有者の意志に基づかずに強制的に不動産を換価してしまうのに対し、所有者が自分の意志で任意に売却するということからこの名前がついております。通常「ニンバイ」と略すことが多いです。

競売よりもこの任意売却のほうが有利な条件で不動産を売却できるケースが多々あります。そのため、債務者は、競売されてしまうよりも残債務の整理を行ない易くなるという可能性があります。

不動産をお持ちの場合、任意売却も債務整理の一手段として忘れてはいけないメニューの一つといえるでしょう。

まずは気軽にご相談下さい。   

交渉で引越代等を確保できる可能性がある

競売の場合、買い受け人が決まると立退きを迫られることとなります。その際、立退き料を支払ってくれるケースもありますが、必ずしも払ってくれるとは限りません。
むしろ、昨今では非常にシビアな競売参加者が増えたこともあり、法的な強制力で立退きを敢行され、かつ立退きやそれに伴う損害賠償を請求してくる可能性すらあります。

任意売却の場合、通常、引越代金の確保も視野に入れて債権者と交渉することとなります。債権者次第とはなりますが、交渉により引越代を確保できる可能性があります。

お金が無くても売却の経費を心配しないでいい

任意売却は確かに魅力だけど、仲介手数料や担保抹消登記費用を支払うお金が無い・・。
ご安心下さい。通常任意売却を行う場合、仲介手数料、担保抹消登記費用等の諸経費は売買代金の中に含めてしまいます。結果として、所有者からの持ち出しは生じないこととなります。

競売よりも高く売れる可能性が高い

一般的に競売よりも任意売却を行ったほうが高く売れることが多いです。つまり、その分借金を減らすことができるということです。競売市場は従来よりも利用しやすくなっているとはいえ、やはり限定的な市場と言わざるおえません。それに対し、任意売却は通常の売却と同じように、一般の流通市場で売ることとなります。そのため、市場価格に近い値での売却が成立する可能性が高くなるといえるでしょう。

自分の意志で売却ができる(借金に対し正面から向き合える)

ある意味、これが任意売却の一番のメリットだと思います。

競売の場合、強制的に家が売り飛ばされてしまいます。その時の気持ちはどうでしょうか?不安、悲しみ、絶望、この後どうしたらいいのだろう・・・。
それに対し任意売却は非常に前向きな行動です。確かにどちらも家を失ってしまいます。しかし、そこに至る過程が全く異なります。競売のような絶望感、焦燥感ではなく、借金に対し正面から向き合い、解決に向けて踏み出す行動。競売と任意売却では気持ちのベクトルが全くの逆方向なのです。

実際、任意売却の手続きが終了すると「これから新たな気持ちで頑張ります」と笑顔でおっしゃってくれるお客様を何人も見てきました。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

048-949-2855

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご連絡先はこちら

 司法書士・行政書士
  富永合同事務所

埼玉県三郷市三郷二丁目2番地11 中村ビル301号
三郷駅徒歩2分

048-949-2855
048-949-2856

  土日祝相談可(要予約)

E-mail
info@office-tominaga.com
URL
http://www.tominaga-office.jp/