債務整理、過払い金、相続、遺言、生前贈与、抵当権抹消、会社設立、成年後見、建物明渡、債権回収、建設業許可、宅建免許等、気軽にご相談ください。

土日祝相談可(要予約)
048-949-2855
E-mail
info@office-tominaga.com
URL
http://www.tominaga-office.jp/

「生きているうちに子供たちに財産を渡したい」

「相続対策、節税対策をほどこしたい」


このようなときに活用されるのが生前贈与です。生前贈与をすることで、次世代への財産移転をスムーズに行うことができ、相続の際のトラブルも回避することができます。また、相続財産を減らすことで相続税対策にもなります。このようにメリットが多い生前贈与ですが、反面、安易に行ってしまうと手痛いしっぺ返しをくらうという側面ももっています。それが、贈与税の存在です。110万の基礎控除の範囲で毎年やれば大丈夫という方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。数年経ってから贈与税をかけられる危険性があります。しかも贈与税は高額です。

使い方さえ間違わなければ、生前贈与は非常に有用な制度です。
専門家である弊所にご相談のうえ是非ご活用下さい。

毎年110万贈与

贈与税には基礎控除の110万があって、年間一人当たり110万円までの贈与については贈与税がかかりません。これを利用して、子や孫に贈与をすれば、簡単に節税、次世代への財産移転ができます。

ただし、連年贈与の場合、一括して贈与税がかかってくることがあります。毎年同じ金額の贈与を何年も続けていくことを連年贈与といいます。連年贈与をすると、その贈与の開始のときに全ての贈与の意思があったものとみなされて、一括して贈与税がかかってくることがあります。

したがって、毎年贈与する場合は、①年によって金額を変える ②途中で休止期間を入れる ③たまには株券などで贈与する ④ときには10%の税率の範囲内で贈与税を払い、証拠を残す ⑤贈与契約を公正証書のかたちにしておく などの工夫が必要になってまいります。

2,500万まで無税で贈与

贈与税は税率が高いので、生前贈与はやたらにできないというのがこれまでの常識でした。しかし、平成15年の改正で相続税と贈与税を一体化した相続時精算課税制度が導入され、贈与財産が2,500万までなら無税で贈与できることになりました。

相続時精算課税制度を利用できるのは、贈与者がその年の1月1日で満65歳以上の親、贈与を受ける人が満20歳以上の子の場合です。

ただし、この制度は相続時に精算する制度なので、相続税がかかってくるような資産家の方の場合は、贈与税ではなく相続税というかたちで税金が発生する可能性があります。したがいまして、その利用には慎重を期すべきでしょう。といっても相続税が発生するのは極々一部の方だけですので、この制度を利用して財産移転を行うことのメリットは非常に大きなものといえるでしょう。

相続税がかかる資産家の方についても利用の仕方しだいでは、大きな節税につながります。というのも、相続時精算課税制度を利用して移転した財産については相続時ではなく、贈与時の価額で評価されます。従って例えば、将来鉄道が走り、地価が跳ね上がることが確実視される土地については積極的に活用して相続税対策を図ることができます。収益性の高い財産を所有しているときもこの制度で節税を図ることができます。例えば、アパートを贈与することで今後発生する賃料を相続人のものとすることができ、相続財産の増加を抑えることができます。

このように相続時精算課税制度は、使い方次第で大きな成果をもたらすといえるでしょう。

配偶者へ居住用財産を贈与

夫婦の婚姻期間が20年以上経過していれば、夫婦間で居住用不動産、または居住用不動産を取得するための資金を贈与した場合、2,000万までは贈与税がかからないことになっています。贈与税には基礎控除の110万があるので、それと合わせ、最高2,110万までの部分について贈与税がかからない仕組みとなっています。

長年連れ添ったパートナーの苦労に報いるという意味でも、検討に値する相続対策の1つといえます。

ただし、この制度の適用を受けられるのは、同一の夫婦間で1回限りとなっています。

不動産名義変更の場合

登録免許税 固定資産評価額の2%
報酬 39,800円~
不動産の評価額、個数等により変わってまいります。気軽にお問い合わせ下さい。

まずはお気軽に無料相談・お問合せをご利用ください!

お電話でのお問合せはこちら

048-949-2855

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのお問合せは24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:9:00~17:00
定休日:土曜・日曜・祝日

ご連絡先はこちら

 司法書士・行政書士
  富永合同事務所

埼玉県三郷市三郷二丁目2番地11 中村ビル301号
三郷駅徒歩2分

048-949-2855
048-949-2856

  土日祝相談可(要予約)

E-mail
info@office-tominaga.com
URL
http://www.tominaga-office.jp/